ペットの肝臓病は症状に合わせて行なう|検査や看護が必要

アニマル

肝臓の重要性

男女と動物

犬や猫などが毎日健康に暮らせるのは、肝臓のおかげと言っても過言ではないでしょう。肝臓はそれほどたくさんの役割を果たしてくれているのです。しかし肝臓病になるとその働きができなくなります。

3大肝臓病の詳細

聴診器と手

犬や猫にも3大疾患と同じように3大肝臓病がありますから、ペットを飼っている方はその疾患についての知識を身に付けておきましょう。肝臓病になったとしても最初は症状がないので、異変を感じたときには進行しているかもしれません。

治療方法は様々

猫

ペットの肝臓病を治すにはまず始めに診断しなければなりません。血液検査やレントゲン撮影、超音波やCTなど様々な方法で検査を行ないます。そうして分かった原因を元に、ペットに最適な治療方法を決めていくのです。内科的だと主に強肝剤や利胆薬の投与などを行ないます。これらを投与することで肝臓の働きが良くなり症状の悪化を防げるでしょう。また、肝臓病になるとビタミンが不足しがちになりますからビタミン補給をしたり、下痢の症状が現れている場合は下痢止めを投与したりなどして、ペットの状態に合わせた治療を施していきます。肝性脳症を引き起こしている際は、ラクツロースという経口薬を投与したりなど色んな治療方法があるのです。どちらにせよ肝臓病を治すためには細かな検査が必要となってきますから、動物病院へ行きましょう。

肝臓に癌ができた場合や門脈シャントンになっている場合は、外科的治療を施さなければなりません。体に大きな傷ができるので、ペットにとって負担となるでしょう。外科的治療を施さなければいけない状態まで進行させないようにするためにも、日頃からの検査が重要なのです。ペットの異変を初期で気づいていれば肝臓病が悪化する前に簡単な治療で治せるかもしれません。

ペットの肝臓病を治すには看護もポイントの1つとなってきます。治療中や治療後は肝臓の機能を回復させるために安静にさせてあげなければなりません。しかし安静させすぎてしまうと体力や筋力が衰える原因になりますから、次は適度な運動も必要になってくるでしょう。

肝臓病の予防法

犬

サプリメントには肝臓の機能を促進させてくれる栄養素がたくさん含まれているため、肝臓病を予防することができるでしょう。色んな商品の中から安全で効果があるものを選んでください。