愛する家族を守り抜こう|ペットの肝臓病は症状に合わせて治療

女性とペット

3大肝臓病の詳細

聴診器と手

犬や猫などのペットには人間が罹りやすい3大疾患と似たように、3大肝臓病があります。犬や猫はこの3大肝臓病に罹るリスクが高いですから、ペットを飼っている方はとくに注意をしておきましょう。この疾患について知識があれば迅速な対応ができるはずです。
まず1つめの疾患が肝臓疾患です。肝臓疾患の中にまた色々な種類があるのですが、とくに肝硬変や肝不全、肝臓がんなどの疾患が多いとされています。これらの疾患は死に直結するとされており、早期に発見できなければ大事なペットが死に至ってしまうかもしれません。また、この疾患は症状が現れたあとの進行スピードが非常に早いです。そのため、ペットに何かしらの異変を感じた場合は早急に動物病院へ連れて行ってあげてください。

続いての疾患が胆嚢疾患です。胆嚢疾患は肝臓病になって肝臓から細菌が感染することで発症します。初期症状は現れにくいため気づいた頃には症状が悪化していることが多いです。胆嚢から胆汁が漏れると激しい痛みに襲われるとされており、ペットが苦痛を感じている様子でしたら胆嚢疾患の可能性が高いでしょう。
最後の疾患は糖尿病です。糖尿病は通常膵臓が関係していますが、肝臓が膨張するという症状が現れます。食事の量が増えたにも関わらず体重が減少した場合は糖尿病かもしれません。

このようにペットでも色んな病気を発症してしまいます。しかし肝臓は沈黙の臓器と言われているくらい、初期症状は無自覚です。だからと言っていつまでも気づかない状態だと肝臓病は深刻化してしまうので、少しの異変も見逃さないようにしましょう。